七五三が、11月15日に行なわれるようになったのはどうしてか調べました。

旧暦の11月は、収穫を終えた実りを神様に感謝する月で、その月の満月の日(15日)に氏神様へ収穫の感謝と子どもの成長を感謝し、加護を祈るようになったとの説があります。

また、五代将軍綱吉の子の健康をお祈りしたのが、11月15日だったからとの説もあり、諸説あるようです。

毎年、11月15日に行なわれていますが、15日前はピークとなり、現在はあえて10月中旬から11月前半の土日祭日を利用するなど、時期を外して行われることが多くなってきています。

男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳に晴れ着を着せ神社に参拝、お祝いします。

3歳は、男の子・女の子とも髪を伸ばし始める“髪置(かみおき)”

5歳は初めて袴を着る“袴着(はかまぎ)”

7歳は始めて帯を締める着物、帯の装い始め“帯解(おびとき)”

私もお参りは覚えていませんが、アルバムには千歳飴を持った3歳と7歳の私が緊張した面持ちで写っています。

昔からの風習はすべて意味があり、親の子どもへの愛情は今も昔も変わりません。ミュゼ 980円 キャンペーン